陽気なぼっちが地球を回す

ぼっちを極めし主婦の熱い想いを書き殴るブログ

2019年は15冊本を読みました!

広告

f:id:unaunako2:20191231151654j:image

 

今年は15冊!!

仕事の時間を伸ばしたのと、あとはつらいこともあって読書っていう気分になかなかなりませんでした。

 

借りてきても読めない時も多々…。

2020年はたくさんの本が読めるといいな。

 

今年は見て分かるように恩田陸にめちゃハマった。

前にもブログで書いたかもしれないけど、恩田陸さんはとにかく知識量がハンパないと思うんですよ。

恩田陸さんの頭の中は図書館か?ってくらい。

色んなジャンルの本があるけど、どれも詳しくて知識の深みを感じるんですよね。

 

♦︎恩田陸賞

今年読んだ恩田陸さんの本で1番好きだったのは、

「ねじの回転」

ねじの回転 FEBRUARY MOMENT

ねじの回転 FEBRUARY MOMENT

  • 作者:恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2002/12/05
  • メディア: 単行本
 

いやーーーーこれはね、しびれます!!!

びりびりくるね!!!!

これは本当にドンピシャで好み!

なんていったらいいか分からないけど、もうとにかく面白いの!!!!!!

本当に読んで!!!

 

♦︎2019年最優秀賞

そして2019年で1番すき!となった本は、

「すばらしい新世界」

すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

 

いやーーーーーこれは、なんかね、こういう世界に近づいてるな…って普段の生活をしていてふと思う時があるんですよね。

そして、こういう世界になったほうがいいのかななんて思う時もあるんですよね。

いや、でもやっぱり嫌!!

すごい考えさせられる一冊。

でも未来はこうなるんじゃないかな…なんて、思う。

 

 

というわけで、今年も素敵な本と出会うことができました!

来年は20冊くらい読めたらいいんだけどなーー。